水道設備の種類と工事のポイント

家の中でも、特に水回りは毎日使うので、きちんと施工したい部分です。トイレ、キッチン、バスルームといった部分は、水道設備と呼ばれ、目に見えない様々な配管が使われています。目に見える部分の設備とあわせて、よく検討するために情報を集めます。指定工事店になっている業者から見積もりを取ります。

■水道設備の工事の流れなどを確認する

水道設備には、目に見える部分と見えない部分があります。まず、給水管から家へ水を引き込む配管が必要です。給水管引き込み工事を行ったら、屋内の配管です。トイレやバス、キッチンといった水を使う部分をどこにするか決めて、配管を設置します。配管の継ぎ目などから水が漏れたり、間違った配管の接続になっていないかチェックが完了したら、目に見える部分の施工です。トイレやキッチンといった設備の場所を選び、設置を行います。
多くの場合、一括でこれらの工事を行える業者を選ぶので、家主が一つひとつの工程をチェックすることは少ないですが、どんな流れで施工が行われるか、どれくらいの期間がかかるか、知っておくと安心です。分からないところは、事前に業者に確認することができます。

■施工の前にチェックするべき事項

工事を依頼する前に、複数の施工店や業者から見積もりを取りましょう。新しく家を建てる場合、リフォームの場合も自分たちがこだわって選びたい設備もあることでしょう。色々な情報を取り入れて、考えることが大切です。
家を建てたいと思っている市町村のホームページから、水道工事を依頼できる業者の一覧を確認します。指定工事店に連絡し、見積もりを依頼します。それぞれのメーカーや施工店が主催する、イベントやセール、展示会などがあれば、そうしたところに足を運ぶのも良いでしょう。家の中の設備一式のカタログをもらえたり、実際に触って確かめることもできます。大きさや配置についても、相談してみましょう。
見積もりには、設備などの材料費、工事費、交通費や消費税といった諸経費が含まれているので、そうした項目がすべて含まれているかチェックします。

■まとめ
水道設備には、色々な部分が含まれているので、大まかな施工の流れを把握します。家を新しく建てる場合は、すべての工程が必要ですが、リフォームなら、直したい部分だけの工事になります。見積もりの時点ですべての費用が入っていないと、安価に感じることもありますが、実際には諸経費が含まれておらず高額になったということがあります。依頼前に見積もりを提出してもらい、色々な項目をしっかり確認して検討しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ